院長・スタッフブログ

  • HOME
  • 院長・スタッフブログ
  • blog

    歯周病チェックと改善方法について

    自分自身が歯周病かどうかを判断するチェック方法や歯周病の原因について皆様はご存知でしょうか。実は成人の30歳以上の約80%が歯周病になっていると言われています。今回の記事では、まず自分で歯周病か判断するためのチェック方法を解説し、その後に歯周病の原因と改善方法についてご紹介します。ぜひ歯周病に関する不安解消にご活用ください。

    歯周病簡単チェック!

    以下の10項目の内、チェックが無い方は普段から口腔内を清潔に保っている方です。ただし、無症状であっても歯周病が進行する場合も考えられるので、歯科検診を年1回は受診するを推奨いたします。中等度以上に歯周病が進行している可能性がある方は、チェックが4~5個以上の場合です。歯科医院で早期に歯周病の治療を受けましょう。一つでもチェックが付いた場合には、歯周病の可能性があるため、重症化してしまう前に歯科医院で治療を受けることをお勧めいたします。

     

     

    歯肉チェック3箇所

    ①腫れ上がって赤くなっている歯肉がある

    ②歯肉が徐々に細くなり、歯が長く見える気がする

    ③歯肉から出血や膿のようなものが出てくる

    口腔内チェック3箇所

    ④誰かに口の臭いを指摘された、もしくは自分自身も臭いを感じる

    ⑤口腔内のネバつきを早朝に感じる

    ⑥歯磨きをするといつも出血する

    歯の全体チェック4箇所

    ⑦歯の間が広く食べ物が挟まる

    ⑧歯が浮いて軽い感じがする

    ⑨歯列がU字型から変形している

    ⑩触ると動く歯が出てきた

    歯周病になるとどうなるの?

    歯周病は細菌の感染によって起きる炎症性疾患で歯肉の辺縁が炎症により赤く腫れたりします。それにより、歯を支えている骨だったり、歯の周りの歯肉が溶けてしまう病気のことを呼びます。歯肉溝という歯肉と歯の境目の汚れが歯磨きで落ち切らない場合は細菌が繁殖しますが、痛みを感じることが少なくその状態を放置してしまう可能性もあります。最寄りの歯科医院などでの定期検診や日頃感じている違和感などで早期に発見・治療が出来ると良いでしょう。細菌が繁殖したり赤く腫れている状態を放置せず早めに対処することで、膿が出てきて歯が動いてしまったり、抜歯をしなければいけない程に深刻になるケースを回避することに繋がります。

    歯周病はなぜ起きるのだろう

    「甘いものを摂りすぎると虫歯になる」と良く言われますが、その理由は糖類を多く摂り過ぎると口腔内にいる400種類〜700種類の細菌が悪さをする為です。細菌が粘着性の物質を発生させ歯の表面に付着したものを、歯磨きで不十分で取り除けなかったものをプラークと呼びます。うがい程度では取り除けなくなったプラーク1mgの中には約10億もの細菌が存在していると言われています。その中には先程の粘着性物質を出す細菌など、歯周病やむし歯の原因になる細菌が含まれている可能性があります。プラークをそのまま放置してしまうと、歯肉への炎症を引き起こし最終的には骨を溶かしてしまうことになりかねません。プラークを定期的に除去して放置しないことにより、歯石と言われるプラークが少しずつ硬くなって歯の表面に強力に付着する物質に変化することを防ぎます。そのように予防することで、通常のブラッシングだけでも清潔な口腔内を保つことが可能です。歯石の中やその周囲に細菌が侵入したり、毒素を周辺に出すような危険な状態を未然に防ぐことが出来ます。

    歯周病はどのように改善するのか

    歯周病は現代普及している治療手順である予防、診断、治療、メンテナンスの順番で対処することが可能です。少し前までは歯周病にかかってしまったら治らないと言われていたが、研究者たちが歯周治療の進化を徐々に進めたおかげで、先程の治療手順を用いて進行を止めることが出来るようになりました。歯石を作り出すプラークを増やし留めてしまうと、健康的な歯を維持出来なくなります。その為にも4つのポイントをご紹介いたします。

    ①歯科衛生士による定期的なクリーニングを継続して行うことにより、歯磨きの癖などで自分では磨き残しがある場合でも口腔内を綺麗に保ち続けることが出来ます。

    ②歯科衛生士に頼ることも大切ですが、口腔内はプラークが存在しない綺麗な環境を整えることが最も大切ですので、基本的には出来る限り歯の隅々まで磨く正しい方法を自ら継続することが大切です。

    ③既に歯石になってしまった部分に関しては歯科医院などで歯肉の内部まで入り込んだ全て除去しましょう。また、歯石の原因になる細菌について全て取り除きましょう。

    ④歯周病が悪化し、解けてしまった骨や既に傷ついてしまった歯肉は出来る限り治療し、元の健康的な歯肉に近づけると良いでしょう。

     

    2021.12.30

  • blog

    乳歯に対する習慣と今後の可能性

    大人になった証として象徴的なものの一つに「乳歯が抜ける」という出来事があります。抜けた歯をどの様に保存するか、子供の乳歯が抜けた時に困っている親御さんもいらっしゃると思います。思い出の出来事としてどの様に扱うのが理想なのでしょうか。今回の記事では、子供の乳歯が抜けてしまう前の事前知識として、乳歯が抜けた時の保存方法や、国内外の乳歯が抜けた時の習慣などをご紹介いたします。

    乳歯は何で保存するのがベスト?

    現在のお住まいがアパートやマンションなどの場合は、一般的に言われている屋根の上に投げるという行為も出来ない方もいらっしゃると思います。その場合、そのまま乳歯を捨ててしまう方が多いと思います。実は、乳歯を保存したいという方のために、抜けた乳歯を保存する「トゥースケース」と呼ばれるものがあります。多くの歯科医院でも取り扱いがされているので是非ご相談してみて下さい。素材は、プラスチックやフェルトなど色々な種類がありますが、特に防湿効果や抗菌作用にも優れた桐の箱は、日本の天気と相性が大変良いので推奨しています。近頃は、デザイン性にこだわったトゥースケースが歯科医院以外でも販売されていますので、もしかすると一度は目にしたことがあるかもしれません。また、「自分以外の人は、子供の乳歯が抜けた時どのように保管するのだろう?」と調べる方も、インターネットやスマートフォンの広がりによって多くなっている様です。例えば、「トゥースケース」を自作でオリジナリティのあるものを制作し、SNSへ写真を投稿している方も増加傾向の様です。

    なぜ乳歯を屋根へ投げるのだろうか

     

    日本では屋根の上へ放り投げる時は下の乳歯が抜けたら、縁の下に投げる時は上の乳歯が抜けたらといった風景が色々な家庭で見られました。これを行う理由は、「放り投げた方向へ次に生えてくる永久歯がきちんと生えるように」という意味が込められています。外国では、様々な国で乳歯が抜けた時の習慣があります。イギリスでは、子供たちは「家に今夜はトゥースフェアリーがやってくる」と乳歯が抜けると嬉しそうにします。トゥースフェアリーの意味は、子供の乳歯が抜けた際に、枕の下に入れて寝るとその抜けた歯を持って帰り、乳歯と引き換えにコインと交換してくれる妖精のことを呼びます。子供たちにとっては乳歯が抜けると小さなご褒美が手に入るという嬉しい出来事になっているのです。各国の習慣は違っていても、乳歯を扱う大切なイベントで、そこに子供たちの色々な思い出を込めるというのは一緒のようです。

    歯髄細胞は未来の可能性?

    今までご紹介した放り投げたり、ケースにしまって保存するのではない全く違う保存のやり方が歯科の世界で注目されています。それは「抜けてしまった乳歯をどのようにするか?」という疑問の一つの回答になっており、それが「歯髄細胞バンク」と呼ばれるものです。「歯髄細胞バンク」というのは、若く元気な歯髄細胞(しずいさいぼう)という抜けた乳歯の中にある細胞を冷凍で保存し、将来の期待されている再生医療に備えることです。再生医療についてみなさんはどれくらいご存じでしょうか。「iPS細胞」という言葉はニュースを通じて耳にしたことがあるかもしれません。損傷した臓器などを修復することが出来るようになることを再生医療と言い、近い将来、歯髄細胞のような人の細胞を活用した再生医療が医学の主流になるかもしれません。抜けた歯の中にある歯髄細胞はこれから大きな可能性を持っていると言えます。

    健康な歯で100年時代を乗り越えよう

     

    歯を健康に保ちながら人生100年時代を過ごすことは思っているよりも大変なことかもしれません。歯髄細胞バンクを通じて自分自身の細胞を保存し、再生医療を受けられる様に準備をすることも選択肢の一つになってくるでしょう。増殖能力が大変高い歯髄細胞は、1本の歯から複数回に亘る治療に必要な幹細胞が手に入ることが報告されています。しかし、歯髄細胞も加齢とともに衰えていく為、年齢が若いうちに保管・採取された元気な歯髄細胞が、より効果的な治療結果をもたらす可能性があります。一度歯髄細胞バンクの活用を検討してみては如何でしょうか。

    2021.12.20

  • blog

    マイクロスコープの活用事例について

    1.型取りの活用事例

    型取りをして人工物を作り出し、セメントなどで歯に固定することで、虫歯で失った歯の一部を復元する治療法があります。この際に重要なポイントは、歯を綺麗に削り取り、隅々まで型取り、虫歯の再発防止や歯肉炎などを予防する必要があります。マイクロスコープを使用することで、詳細まで作り出すことが難しかった型取りの人工物を、完成度高く作り出すことが出来るようになりました。それにより、長期間に渡って安心感のある人工物をお渡しすることが可能になりました。

     

    2.根管治療の活用事例

    マイクロスコープは根管治療で活躍します。根管とは、歯の中にある神経が通っている管のことを指します。もしも根管が虫歯になってしまった場合は、その神経を抜く必要がでてきます。ただし、神経を抜いたからといって虫歯の感染源が取り除かれたとは限りません。根管は大変複雑な構造になっており、目で確認することが出来ません。その為、一般的にはレントゲンを撮影した後に、今まで培った経験を頼りに治療をしていきます。経験のみが頼りの治療では、感染源が全て取り除くことが出来ない場合が発生し、再度治療をする必要が出てきます。それに比べ、現在のマイクスコープを活用すると感染源を綺麗に取り除くことが出来ます。マイクロスコープでは隅々まで根管内の情報を把握することが可能になり、治療の質が劇的に向上いたしました。

    3.口腔内の予防にも活躍

    マイクロスコープを活用しているのは、歯科医師だけではなく歯科衛生士の方も含まれます。例えば、患者様に対して歯磨きの指導やクリーニングに関する話の場合、歯科衛生士が主体となって説明をします。患者様が自分自身の口腔内の汚れを把握する為に、マイクロスコープとディスプレイを繋げ、現状を知ってもらいながら説明ができます。そのように説明することで、歯科衛生士も患者様も虫歯などを予防することが出来ます。

    4.インプラントにおける活用事例

    虫歯などで歯が無くなってしまった場合には、インプラントというチタン製の人工歯を骨に直接装着する治療法が普及しています。インプラントという治療法は、アゴの骨の位置や量が正常で、健康的な方は大変おすすめ出来る治療法になります。術後の完成度が高いインプラント治療は様々な技術が用いられています。その為、マイクロスコープのような歯の詳細が分かる方法で正確な処置を行い外見的にも整った歯を完成させることで、患者様が求めているインプラント治療が出来るようになります。

     

    5.歯周病治療の活用事例

    マイクロスコープは歯周病の治療にも活用できます。歯周病は歯の周りに歯周ポケットという溝をつくり、歯を安定させている骨を少しずつ溶かしていきます。実はよく聞く歯周病という病気は成人の80パーセントはかかっていると言われており、放置したままにしておくと、将来は歯を多く残せない原因になります。以前は、歯周病の原因が歯石だと言われていましたが、最近になりその原因は複数の歯周病原菌が生み出す「バイオフィルム」という毒素だと判明いたしました。この「バイオフィルム」をしっかりと取り除くことが健康的な歯を保つために必要です。取り除く方法は、物理的に機械を使用して掻き出すことです。薬などを使ってもバイオフィルムが強力に歯に付着して取り除けない為です。そこでマイクロスコープの登場です。マイクロスコープを使用すれば装置を正確に歯周ポケットに入れることができ、バイオフィルムを綺麗に取り除くことが出来るようになりました。歯周病のみならず減少した歯肉に別の箇所の歯肉を移植する技術の向上にも繋がり、歯肉を回復させる手術にも寄与しております。

    2021.12.10

  • blog

    ホワイトニングの際に気を付けるべきことは?

    黄色くなった歯を白くする方法として注目されているのがホワイトニングです。ホワイトニングの効果を保つためにも、術後のメンテナンスは大変重要です。中には、メンテンナンスを怠ったばかりに、後悔されている方もみえます。今回の記事は、実際にホワイトニングを行った方がどの様なことに気を付けるべきかを紹介しています。

     

     

    ホワイトニングの施術前・施術後について

    ホワイトニングを行う方の多くは、失敗を気にされてホワイトニングの施術をするのではなく、自分の歯が白くなることを期待して施術を受けられると思います。その中でも、ホワイトニングの施術に後悔を頂く要因の多くは、施術前の承諾書や注意事項の内容を理解せずに施術し、ホワイトニングに対して事前の知識が不足していたことが挙げられます。時間とお金をかけてホワイトニングの施術をしたにもかかわらず後悔をしないように、施術前と施術後には以下の点を気を付けましょう。

    カウンセリングを受けてみよう

    ホワイトニングで後悔してしまう方の多くは、カウンセリングでホワイトニングの効果や注意点、気になる点などを歯科衛生士や歯科医師等を通じてちゃんと確認できていない場合もあります。ホワイトニングを行う時には必ず、カウンセリングを受けることがポイントです。カウンセリングで確認する項目は以下のとおりです。

    カウンセリング時の確認項目

    • 術前に歯科治療が必要なのか
    • ホワイトニングの効果について
    • 歯が黄色くなった要因の確認
    • どのくらいの歯の色合いにするのか
    • 現在の歯の色合いのチェック
    • ホワイトニング後の注意点について

    ホワイトニング後に避けるべき事項

    ホワイトニングの術後24時間は、歯の表面を守る為に存在するペリクルが存在しないため、歯に新たな色合いが表れやすくなっています。歯の表面に沈着するとして広く知られるタバコを口にしてしまい、ホワイトニングの術後にもかかわらず、歯が黄色くなってしまう場合もあります。例えば食べ物の場合は、カレー、ミートソース、チョコレート、醤油やソースなどの調味料が挙げられます。飲み物の場合は、コーヒー、紅茶、ワイン、緑茶が挙げられます。以上のものは出来る限り避けましょう。反対に、ホワイトニングの術後24時間に口にすることが望ましい食べ物、飲み物もあります。例えば白米、うどん、牛乳、白ワイン、日本酒が挙げられます。

     

    ホワイトニング後の適切なメンテナンス

    ホワイトニングは一度してしまえば半永久的に効果が持続するという訳では無い為、半年に1回程の回数でホワイトニングを行うことが歯を白く保つための秘訣です。また、ホワイトニングで後悔したと感じる人の中には、色の濃い食べ物や飲み物以外にもホワイトニング後の歯磨きがしっかり行われていなかったり、クリーニングを怠っていたりする場合もあります。ホワイトニング後の歯磨きについて、歯科医院で指導を受けることも一つの方法です。

     

    ホワイトニング後の歯磨き

    適切な歯磨きが出来ていない場合、汚れが付着したまま定着してしまい、せっかくホワイトニングを行っても、歯が黄色くなってしまう恐れもあります。食事のあとは、直ぐに歯磨きをしましょう。歯を磨くときは、毛先が広がっていない歯ブラシを使用しましょう。歯ブラシの毛先が広がっまま歯を磨くと、正確に歯の表面に歯ブラシを当てることが出来ない為、沈着の原因となる汚れが残り、落としきれない場合もあります。歯磨き粉については、ホワイトニングの効果を継続させるために、研磨剤などが入っていないものを使うことをおすすめします。研磨剤が入っていると歯の表面を傷つけてしまい、そこに色素が残ってしまう場合もあります。ホワイトニング術後の専用の歯磨き粉を扱っている歯科医院も多々あるので、一度相談して見ると良いでしょう。

     

    2021.11.30

お問い合わせはお気軽に

当院では「自分だったら、自分の大切な人だったらどうしたいか」と考えながら、患者さまの状況をしっかりとヒアリングし、納得のいく形で治療法を選んでいただいております。
ぜひ安心してご相談にいらしてください。

pagetop