審美治療

審美歯科とは美しさに焦点をあてた歯科治療のことを指します。従って歯並びを治す矯正歯科も大きく考えれば審美歯科に当てはまりますが、一般的に呼ばれている審美歯科とは、 歯を白くしたい ・ 歯並びを美しくしたい ・ 詰め物や被せ物をより自然に見せたい という要望に対しての治療を審美歯科と呼びます。

美しさだけを強調されがちですが、修復する場合、第一に機能面を、そしてより天然歯に近い構造を持った修復物で治療します。

これらの治療は基本的に自費診療になります。保険治療で使用する詰め物や被せ物に比べて審美的・機能的にも向上する材料などを使用します。数年前に保険治療で使用した金属の詰め物や時間の経過によって変色してしまったプラスチック製の被せ物が変色した為に、心理的コンプレックスをかかえている方もいらっしゃると思います。保険診療の際に使用する材料と比較して耐久性の向上も望めます。

 

 

セラミック修復

 メタルボンド

 

クラウン(被せ物)の土台は金属を使用し、その上にセラミックを焼き付けます。特殊な金属とセラミックは化学的に結合され、丈夫で天然歯に近い色合いを再現します。

 

 

 

オールセラミック

 

土台も含めすべてセラミックで作ります。金属は光を遮断してしまいますが、オールセラミックなら自然な透過性をも再現することができます。

 

 

 

セラミックインレー

 

 

 

セラミックベニヤ

 

 

 

セラミッククラウン

 

 

 

セレックシステム

 

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

詳しくはセレックページをご覧ください

 

 

 

ハイブリッド素材

 

プラスチックとセラミックの成分を混合させた素材です。プラスチックの欠点である吸水性をおさえ、安価で審美性の高い修復物がご提供できます。 左の写真はハイブリッドインレーです。