田島デンタルオフィス 〒460-0002 名古屋市中区丸の内3丁目20-17KDX桜通ビル11F(旧中外東京海上ビルディング)

一般歯科

虫歯治療

 

次に虫歯が進行してしまった場合の修復物についてです。全ての治療は保険で修復することが可能です。保険適応、保険適応外での治療の違いは、主に修復に使用する素材や材料、治療方などの違いです。

予防治療で記したように治療のために削り取った歯は自然に元の形には戻りません。そのため、詰め物や被せ物をして元の歯の形に修復します。

最近は外観の美しさや耐久性の向上から白い歯であるハイブリットセラミックス、セラミックスなどがあります。これらは保険適応外の特殊な素材を用いて修復します。金属では保険適用のパラジウム(銀合金)、保険適応外では、ゴールドやプラチナといったようにその用途や価格を考慮して様々な素材を選ぶことが出来ます。

レジン充填 初期の虫歯で、削った部分に修復用の材料を詰めて元の形になおす治療です。保険適応でも白い詰め物が可能です。
インレー修復 虫歯を削り、部分的に詰めます。型を取ってから修復物を作ります。保険治療では白い歯を入れることはできません。
クラウン修復

虫歯が大きい場合は、削った後、全体を被せます。保険では奥歯に白い歯を入れることはできせん。前歯は犬歯までならレジンを前装したものを入れることが出来ます。

 

 

根管治療

 

むし歯治療において、大きな分岐点は虫歯の細菌が歯髄に到達しているか?否か?です。 穴の大きさではありません。深さがポイントです。

外見からみると小さなむし歯でも、レントゲンを見てみると深く神経に到達してしまっているものもあります。


 

歯髄炎

 

むし歯の進行が歯髄まで達すると強烈な痛みを伴う歯髄炎を起こすことがあります。

このような症状になると神経を取る「抜髄」という歯の根の治療をしなければいけません。
可能な限り歯髄は残す「保存療法」が基本です。我慢できる痛みを放置したりするよりも、定期的に歯科の検診を行えばそのリスクは最小限に防げます。

抜髄

 

抜髄とは歯の神経を取る治療です。局所麻酔によって痛みを止めて行います。何度かに分けて、虫歯菌に侵された歯の内部を慎重に消毒していきます。

ニッケルチタンファイルを使用した根管形成など、患者様の負担やストレスを最小限に抑えるよう最新の機器を導入しています。


 

 

歯周病治療

ほとんどの人が歯周病?!!

 

歯周病は糖尿病などと同じく日本人の5大生活習慣病のひとつです。成人の約80%以上の人がかかっていると言われています。 歯周病は歯のまわりの組織(歯茎や歯が植わっている骨など)が細菌により破壊され、溶かされてしまう病気です。痛みがないまま長い時間をかけて進行するので、病状が進行するまで気がつかない方が大勢います。

 

歯周病は治ります

 

治療法は歯肉より上の歯石を除去します。歯肉の炎症が引き、歯ブラシ時の出血が無くなってから歯周ポケット内の歯石やプラークを除去していきます。 場合によっては外科手術が必要な場合もあります。

最終的な治療目標は病的な歯周ポケットを無くし、健康な状態に戻してやることです。また歯周病は 再発しやすい病気です。定期的に受診やメインテナンスを受けられたほうがよいでしょう。

 

義歯治療

 

義歯(入れ歯)は見た目も重要ですが、しっかり咬めることが最重要ポイントです。せっかく義歯を入れても、かみ合わせが合わず、食べ物がきちんと噛めないばかりではなく、肩こりや頭痛に悩まされることがあります。また、義歯がフィットせず、入れ歯がすぐ取れてしまったり、歯茎が痛いなどさまざまです。

当院では、見た目はもちろん咬む機能(咬合)を重視し、あくまでも咬む機能を回復するための義歯を提供できるよう力を注いでおります。

 

 

 

お気軽に御相談下さい