田島デンタルオフィスでのインプラント治療

当院は社団法人日本口腔インプラント学会の専門医・指導医・代議員を務める歯科医師によるインプラント治療を行っております。 インプラント関連資格取得の難易度は学会によりさまざまですが、日本口腔インプラント学会は日本国内において、公的な資格を有する数少ない学会の一つです。その資格保持には知識・技術習得ともに難易度は高く、安心してインプラント治療を受けていただくための環境は整っております。

公益社団法人 日本口腔インプラント学会ホームページ

 

インプラントとは

 

 

歯根の再生

 

人は永久歯を失うと二度と生え変わることはありません。

そのため今までは入れ歯などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。

しかし入れ歯は硬いものがうまく噛めない、発音がおかしい、長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。

それはしっかりとした土台(歯根)が無いからです。

また事故などで若くして歯を失ってしまった場合、審美的にもインプラントは効果的な治療法です。


 

 

治療の手順

 

審査と治療計画

インプラント治療に必要な審査を行いインプラント治療が可能かどうかを診断します。
この際CTによる画像診断も行います。
その後、治療計画を立てます。


フィクスチャー埋入の手術

歯の根に相当する部分(フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行います。
局所麻酔を用いますので安心して手術を受けることができます。


治療期間

この後、骨とフィクスチャーがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。(3~6ヵ月)

※治療期間は部位や骨の質などにより個人差があります。また、この期間は必要に応じて仮の歯を入れることもあります。


アバットメントの連結

人工歯の支台となる部品(アバットメント)をフィクスチャーに連結します。
※この時、簡単な手術を行う場合もあります。


人工歯の装着

インプラントを含めたお口の中全体の印象採得(型を取る)を行います。
その型に従い人工歯を作成します。
その後、アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。


メインテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。指導に基づいた正しい歯磨きを心がけてください。また、半年に一度、インプラントの状態を良好に保つために定期健診を受診していただきます。

 

 

 

メリット

歯を一本失った場合

 

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行うことが出来ます。


 

歯を何本か失った場合

 

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療します。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。


 

歯をすべて失った場合

 

従来は総入れ歯しか治療はありませんでした。インプラントなら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。