お口に入れるものは全て滅菌済みもしくはディスポーザブルを使います

 

歯科治療は患者さまの唾液や血液などを伴った診療環境にあります。

当院では安心して治療を受けていただくため、高度な感染予防対策に取り組んでいます。

ハンドピース用高圧蒸気滅装置

 

当院では歯を削る歯科用ハンドピース(治療に使うドリル)は患者さまごとに滅菌します。滅菌後は雑菌の付着を防ぐために滅菌バックに入れて保管し、治療の直前に開封しています。

写真の滅菌システムは治療に使用するタービン、コントラ、ハンドピースなどを精製水を用いて機械の内部・外部の洗浄からオイル注油まで行うシステムです。

 

ハンドピース

 

従来ではハンドピースの滅菌は手間がかかったり人的な作業により精度のムラなどの問題がありました。この機械の導入によりハンドピース内部までしっかり洗浄・滅菌されますので、常に安心で安全な治療をご提供することが可能となりました。


 

 

高圧滅菌装置(オートクレーブ)

 

オートクレーブは通常使っている器具(お口の中を見る鏡など)の滅菌を行います。

 

滅菌保存パック

 

これら滅菌器によって滅菌された歯科治療器具は即時に保存パックに入れます。

そして治療で使用する直前に開封します。

 

ディスポーザブル(使い捨て)

 

その他、滅菌が不向きなコップやエプロン、手袋などは患者さまごとに取り替えるディスポーザブル品を使用しています。